[糖質] ヨーグルト + ナッツ は安定の低糖質おやつ

  •  
  •  

ATENA ギリシャヨーグルト

先日 Costco で ATENA ブランドのギリシャヨーグルトを購入してきました。

ギリシャヨーグルトは濃厚な味わいが魅力で腹持ちも良く

「ヨーグルトっておやつに良いかも」

と感じました。


私は、最近やたらと栄養成分表示が気になる年頃です。

栄養成分をチェックしたところ、 100g あたり の成分は次の通りです。

たんぱく質 7.6g
脂質 5.1g
炭水化物 5.6g
食塩相当量 0.1g

気になる炭水化物は 5.6g です。


無糖タイプのヨーグルトの糖質量はおおよそ 4.5 - 5.0g で、平均的に糖質が少ない食品と言えそうです。

ATENA のギリシャヨーグルトは、それよりも少し糖質が多いです。
しかし ボリュームがあり満腹感を感じやすい のがポイントで、トータルの摂取量で見ればそれほどでもない、ということが言えそうです。

というのは、「 摂取量の絶対値 」が、糖質 OFF では重要なためです。

糖質の割合が少ないといっても、暴飲暴食していたら NG ですが、ギリシアヨーグルトはその点ベターな食品と言えそうです。

トッピングで食感を加える

ヨーグルト単品でちょっと味気ないですし、飽きもきますよね。

私はトッピングとしてナッツを加えてることが多いです。
するとナッツ食感が加わることで、より素敵なおやつになりますよ。

ナッツ類は種類に注意する

注意したいのは、ナッツ類は種類によって糖質量に割合差があることです。

たとえばカシューナッツはとても美味しいのですが、糖質量は多めです。
ベターなのはくるみで、次点がアーモンド、ピーナッツです。

食品 100gあたりの糖質
くるみ 4.2 g
アーモンド 9.7g
ピーナッツ 12.4g
カシューナッツ 20.0g
32.7g

また、ナッツは味付けされているものが多く、素焼きのものを選びたいですね。

シリアルは思ったより糖質量が多い

また、ヨーグルトにシリアルを ON する方も多いと思います。

シリアル類は、糖質に限って言えば糖質量が多くなりやすいと言えます。

ただし、甘いものがほしいときは、ヨーグルト + シリアルはすごく美味しいですよね。

私はシリアルをひとつかみ加えることも、割とあります。

選ぶものは次のどちらかですね。

ごろっとグラノーラ まるごと大豆 糖質60% オフ

カルビー フルグラ 糖質オフ

パッケージで食品成分表をチェックするときの注意点

パッケージで食品成分表をチェックするときには分母を確かめてください。

たとえば

  • A. 糖質 18g(可食部 100g あたり)
  • B. 糖質 18g(可食部 50g あたり)

ですと、 A と B で倍違うことがおわかりになると思います。

コツとして、

100 g あたりに換算して、絶対量がどのくらいになるのかをチェックしてください。

豆乳ヨーグルトも良い

最近注目さ豆乳のヨーグルトは糖質の割合が低く、かつ粘度が高めで満足度が高いと言えそうです。

栄養成分をチェックしたところ、

100g あたり

たんぱく質 3.9g
脂質 2.4g
炭水化物 5.1g
糖質 0.8g
食物繊維 4.3g
食塩相当量 0.05g

です。
これは素晴らしいスコアです。

ただし、味はやっぱり大豆感が強く「ヨーグルトとして賞味するのは違和感がある」と感じました。
ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれませんね。

運動不足は食事でカバーする

家にいる時間が長くなり運動量は減ってしまいやすいですね。

食事で戦うことも有効な選択肢ではありますが、基礎代謝を考えると、運動しなくても良いわけではありません。

食事と運動、両面から体を整えていきたいですね。


なお、糖質量のチェックには

食品別糖質量ハンドブック

が便利です。
私も愛用していました。