オフィスに置いておきたい 『新しいLinuxの教科書』は超実用的な指南書

  •  

『新しいLinuxの教科書』 は超実用的

先日 新しいLinuxの教科書 を手にとって、「これいいな」「おすすめできるな」と感じました。


本書は Linux の入門書です。

特徴だと感じたのは コマンドに特化 していて、とても実用的である点です。

Linux の歴史的な解説といったものはまったくありません。
歴史を学ぶことを否定はしませんが、本書ではそういったものをバッサリ切り捨てていて、実用特化である点に好感を持てました。

内容は次などです。

  • Linuxを使ってみよう
  • ファイル操作
  • プロセスとジョブ
  • 正規表現
  • シェルスクリプトの書き方、活用方法

IT 系エンジニアが業務で使いそうなことを、ひととおり押さえていると感じます。

なぜ Linux を学ぶべきか

IT の技術は進化が早いですね。

その中でも、ベースとなっていて息が長い技術は、もちろんあります。

そのひとつが Linux である、と思ってます。

本書の表現を借りると、 Linux の運用スキルは 20 年前からほとんど変わっていない のです。
( 発売年から考えると、30 年近くになりますね。 )

Linux は使う頻度が高く、変化しにくい技術です。
そのため、一度覚えれば長く使えるスキルであると言えます。

つまり、「賞味期限が長いスキル」のですね。


実際、現在はいたるところで Linux 系サーバが動いています。

今後 Linux が別の何かに置き換わることはあり得ますが、それはきっと、かなり先の未来になるのでは?という気がします。

知ったつもり、を解消する

基本が多いため、どちらかというと本書の内容は地味です。

たとえば次などです。

  • ls とは
  • cp とは

などです。

各コマンドについては、紙幅を割いてていねいに解説してあります。

しっかり読み込めば、サーバ系業務での効率アップがかなり期待できると感じます。


私は「業務で必要になったところだけ、なんとなく」で Linux を使っていました。

そのため、本書で「把握していなかったなー」がたくさんありました。

オフィスに一冊あると良い

私のように、「なんとなく Linux を使っている方」は、ぜひ手にとってもらいたいですね。

オフィスにあると、活用できそうな一冊です。

内容としては硬派な部類になると思います。

そのため、「これから」という初心者の方にとっては、ちょっと難しいかもしれません。

Docker なんかををある程度操作したことがある、というくらいのレベルでないと、「ワケがわからなさすぎ」かもしれません。

コマンドラインアレルギーだとどうしようもない、っていう部分はありますしね。