hifumi の Vial 対応

  •  
  •  

hifumi

hifumi とは、 zk-phi さんが開発した 6 キーでミニマムなマクロパッドです。

zk-phi
1x2x3-keyboard
https://github.com/zk-phi/1x2x3-keyboard/

2 x 3 で超シンプル。
カーソル操作をしたり、ちょっとした操作をしたいときの拡張キーボードとして使いやすいですね。

Vial 対応をした

自作キーボードには複数のキーマップ編集ツールがあります。

Vial は Web アプリケーションもある新しめのキーマップ編集ツールです。

Vial
https://get.vial.today/

最初、VIA を typo したのかなと勘違いしてしまいました。

検索性はあまり良くありませんが、ツールはとても使いやすいです。

特徴として、 キーレイアウトをファームウェア自体に書き込んで (予想)おり、この使い勝手が良いですね。

ツール側にデータを取り込んでもらわなくても良く、私のように “User ひとり” なキーボードでも、ファームウェアを開発すれば以降簡単に連携できるのが便利です。


前置きが長くなりました。

先日 Vial 対応の練習として、 hifumi を Vial で利用できるようにしました。

ソースとファームウェアはプルリクエストを上げていて、私の GitHub でも見られます。

ファームウェアの場所

hifumi の Vial 対応ファームウェア
https://github.com/ormcat/diy_keybords/tree/main/forked/1x2x3-keyboard/firmware-for-vial-qmk

です。

ぜひご利用ください。